フェイスブック広告

メディア特性

01

高いセグメント精度

ユーザーの登録情報が多く、利用者がどんなアクションをいつ実行したかに基づいて広告のターゲット設定を行うことができます。

02

多彩な広告メニュー

SNS随一となる10種類以上の広告メニューから、目的に合わせた最適な方法で、ユーザーに広告を届けられます。

03

豊富な掲載方法

画像や動画広告に加え、キャンバス広告、コレクション広告といったFacebookにしかない様々な掲載方法で配信できます。

Facebookのメディアパフォーマンス 2018年度 - 広告管理画面数値

  • 男性
  • 女性

訴求対象者数 2,700万人(年齢/エリア/性別指定なし)

Facebookのユーザー数は年々伸び続けており、若年層から中年層にかけて利用率の高いSNSです。Twitterや、Instagramのようなに共通の趣味を持った人と繋がることに加え、最近ではビジネスでの繋がりも多く、ビジネス活用に適した媒体と言えます。

広告メニュー

Facebook広告では、大きく分類し以下の広告メニューがあります。

サイト誘導広告

サイト誘導広告は、自社サイトへの誘導、又は誘導後のアクション(申込/購入)を目的とした広告を行う際に利用する配信方法です。

エンゲージメント広告

エンゲージメント広告は、Facebookに投稿した記事を拡散する場合、又はFacebookで告知したいイベントへの参加促進、そしてFacebookページへのいいねを増やす事を目的とした広告を行う際に利用する配信方法です。

動画の再生広告

動画の再生数広告は、低価格で10秒以上の動画の再生数を増やすための配信方法です。 主にブランディングや、エンゲージメントを高める事を目的に用いられますが「サイト誘導やエンゲージメント広告」など、異なる広告メニューでも動画素材を活用する事はできます。10秒以上の再生回数/再生単価を追求される場合は、こちらの広告メニューを推奨しております。

メッセージ広告

メッセージ広告は、Facebook messenger(メッセンジャー)を活用した広告となります。
近年、会話型広告と言われる新たな手法が話題となっておりますが、Facebookでも実施する事が可能です。 興味・関心が高いユーザーに、一方通行の情報を提示するだけでなく、会話による双方向のコミュニケーションから態度変容を起こし、顧客化を図っていく場合に有効な広告配信方法となります。

リード広告

リード広告は、ご案内資料や技術情報などの資料請求(ホワイトペーパー)などの ダウンロードを目的とした配信手法となります。Facebookでは、リード獲得用のフォームを作成する事が可能な為、資料請求時にユーザー情報の収集も同時に行う事ができます。

また、ユーザーが自身の情報を多く登録している場合(電話番号/住所/メールアドレス)はフォームの項目を自動的に埋める機能も備わっており、ユーザーにとっても利便性の高い商品となります。リードジェネレーションを検討/強化予定の企業様は、リード広告の活用をオススメ致します。

運用方針

NextStageでは、以下の運用方針でFacebook広告の運用を行っています。

ターゲットの選定

お客様のご要望にあわせ、案件毎に以下の様なターゲティング内容構成案を定義、作成いたします。

直接セグメントリスト
訴求対象者(ターゲット)の直接的に指定するセグメントリストとなります。
間接セグメントリスト
訴求対象者(ターゲット)の間接的に指定するセグメントリストとなります。間接的にセグメントを行う利点は、入札条件の分散です。配信対象となるユーザーに広告掲載を行う企業数が多ければ多いほど必然的に、入札単価(配信単価)は高騰してしまいます。
 
間接的なターゲットリスト(セグメント条件)を予め設定しておく事で安価で継続的な広告施策の実現が可能になると当社は考えております。

正確な効果測定指標 (度数分布表による総合評価)

広告を運用していく上で、最も重要となるのが、広告効果の高い条件の可視化および効率化です。

当社では、度数分布表を用いた総合評価を行い効果の最大化に取り組んでおります。本来、度数分布表とは、統計データを階級に分け,各階級の度数(その階級に含まれるデータの個数)や相対度数(その階級に含まれる度数の全体からの割合)などを表の形式で表したものでありますが、当社が採用しているのは、度数の代わりに、その階級に含まれるセグメントに対しての評価点(各項目トップの値を基準(10点)として10段階に階級を分割し定義を下したものです。

これにより、当社では広告結果から抽出した目立つ指標に偏ることなく、6つの指標(FQ、CPR、CTR、CPC、CVR、CPA)から総合判断を下すことができます。

UGC広告素材

Facebook広告では、「広告画像内に含まれるテキスト量」に一定の制限があります。規定値以上のテキストが含まれていると、リーチが制限される又は、広告掲載が実施できない場合があり、広告素材が広告効果を高める重要な要素となります。

当社では、UGC素材(ユーザー生成コンテンツ)の収集を行う事で、高いクオリティーの素材のご提供を行う事ができます。

費用

Facebook広告の運用を当社で実施させていただく場合は以下の料金体系となります。

広告費用が25万円以下の場合 月額5万円(税別)
ご提供サービス
  • セグメント設計
  • 広告運用
  • レポーティング
  • 数値報告会および改善提案(月次)
広告費用が25万円以上の場合 広告費用の20
ご提供サービス
  • セグメント設計
  • 広告運用
  • レポーティング
  • 数値報告会および改善提案(月次)
  • ご契約期間はともに3ヶ月〜とさせて頂きます。
  • 原則、広告費用は毎月末締め、翌月末のご請求とさせて頂きます。

オプション

UGC画像販売 訴求対象に応じた既存のUGC素材(ユーザー生成コンテンツ)のご提供
1素材あたり:500円(税別)
UGC独自素材の収集 訴求対象に応じたオリジナルなUGC素材の収集およびご提供(独自素材の収集期間は、約2〜3週間程となります。)
1素材あたり:2000円〜(税別)
バナー制作 Twitter広告のメニューに応じた規定サイズで制作させて頂きます。
1デザインあたり:10,000円〜(税別)
LP制作 制作内容に応じて別途お見積もり

進行スケジュール

配信開始まで最短7営業日でご案内可能

初期設計 訴求対象者条件(ターゲット条件)をヒアリング
リスト作成 テキストマッピングを活用し、直接/間接セグメントリストまたはハンドル、キーワードリストを作成
制作/媒体入稿 成果単価が安価な配信方法や設定条件を重要視
掲載開始 定日より配信開始

配信開始後の運用工程

セグメントテスト セグメントを分類化し、短期間に大量のテストを実施
分析レポート 度数分布表を用いた総合評価を行い、セグメントリストの再提案および
最適化のご提案 配信手法、掲載面、最適化アルゴリズムの修正およびご提案

Contact

私たちは、FacebookやTwitterをはじめInstagramやSnapchatのSNS広告のコンサルティング、作成、運用を手がけるSNSに特化した広告代理店です。 まだSNS広告を活用していない方はもちろん、既にSNS広告を利用している皆さまも、是非一度状況をお聞かせください。