エッジランク|Facebookリーチ数に直結|SNSマーケティング

「エッジランク」とは?

 

Facebookのニュースフィードに表示される投稿を決めるためのアルゴリズムです。

 

Facebookのニュースフィードには、「ハイライト」と「最新情報」という2種類の表示方法が存在します。「最新情報」を選択すれば上から時系列で表示されますが、「ハイライト」の場合、投稿が友達やファンに必ず表示されるわけではありません。

 

ユーザーができるだけ有益な情報を見られるように、Facebookはエッジランクを利用して投稿される内容を自動的に決定しています。ユーザーの興味・関心やネットワークに応じて、ユーザーにとって有益かどうかを選別し、優先的に表示される内容が決まるわけです。

 

したがって、Facebookを活用したマーケティングを進めるためにも、エッジランクの理解はきわめて重要といえます。エッジランクを高めることで、広告の効果の向上が期待できるからです。

 

 

「エッジランク」を決定する要素は?

 

エッジランクには、「親密度」「重み」「経過時間」「否定的なフィードバック」という4つの要素が関わっているとされます。

 

「親密度」とは、ユーザーと投稿者・投稿内容との関連性を示す指標です。ユーザーが投稿に「いいね!」の反応をしていたり、コメントやシェアをしていたり、投稿者のプロフィールページを見ていたりすると上昇すると考えられます。いわば投稿者とユーザーとの「仲のよさ」の度合いと言えるでしょう。

 

一方、「重み」とは、投稿内容の重要性を示す指標です。親密度が低くても、結婚のようなイベントについての投稿は表示されやすくなります。また、他のユーザーから多く「いいね!」の反応があったり、コメントが投稿されたりしていれば、親密度が低くても表示される傾向があります。

 

また、「経過時間」とは、投稿されてからの時間です。「親密度」「重み」とは別に、投稿されたばかりのコンテンツは表示される可能性が高くなります。言い換えれば、投稿されてから時間が経過すると、表示可能性は少しずつ下がっていくということです。

 

最後に「否定的なフィードバック」とは、批判的なコメントや「いいね!」の取り消しを指します。「否定的なフィードバック」が多いと、投稿の表示自体もされにくくなってしまうことが予測されます。

 

「エッジランク」の要素の優先度は?

 

優先度が公的にFacebookから公表されているわけではないのですが、キャンペーンを打つ上では「親密度」と「経過時間」を優先して考えるべきでしょう。なぜなら、この2つは投稿者がコントロールできるものだからです。

 

親密度については、ターゲティングやコンテンツによって改善が可能です。コンテンツを好みそうなターゲットは事前に調査できているでしょうから、ターゲットを絞り込むことで「これは自分に宛てられたコンテンツだ」と感じてもらいやすくなります。そのため、「いいね!」や肯定的なコメントが得られやすくなるわけです。

 

また、経過時間は投稿時間を考慮すればコントロールすることができます。ターゲットがFacebookにログインしているであろう時間を割り出せば、投稿をその時間に合わせればよいのです。このようにすれば、表示される可能性は高まるでしょう。

 

 

「エッジランク」の重要性

 

エッジランクは、投稿の表示可能性を左右する重要なアルゴリズムです。とくに親密度や経過時間は投稿者によってコントロールできるものなので、改善の余地も大きいといえるでしょう。

 

NextStageでは、動画制作やSNS運用を事業の柱としています。質の高いセグメント設計やFacebookの最適な運用によってエッジランクの向上に注力しています。アクセス数の向上を図りたいとお考えの場合は、ぜひお気軽にご相談ください。


 


Contact

私たちは、FacebookやTwitterをはじめInstagramやSnapchatのSNS広告のコンサルティング、作成、運用を手がけるSNSに特化した広告代理店です。 まだSNS広告を活用していない方はもちろん、既にSNS広告を利用している皆さまも、是非一度状況をお聞かせください。