広告素材のあたらしいカタチ!フォトジェニック素材を買ってみよう!

“フォトジェニック”とはどんな写真?


Instagramにおいてユーザーの反応が多いのは“フォトジェニック”な投稿です。では、

“フォトジェニック”な投稿とはどのような投稿なのでしょうか?

インスタ映えする写真の定義を知って、より広告効果のある投稿をしましょう。

Instagramで好まれる“フォトジェニック”な写真とは、写真として映える写真のことを指します。

写真を指す「Photo(フォト)」と、適しているという意味の「―genic(ジェニック)」を

組み合わせた造語で、現代ではSNSにおいて「いいね!」やシェア数を伸ばす写真投稿のことを定義しています。

フォトジェニックという言葉が特に注目されている理由は、写真を投稿の主とするInstagramにおいて

フォトジェニックな写真の拡散力が高まっていることが広告効果を高めているからです。

Instagramとフォトジェニックという定義は相互に深い関連性があり、Instagramを広告媒体として

利用するマーケターや企業はフォトジェニックな投稿を理解する必要があります。

インスタ映えする!“フォトジェニック”な写真の特徴


フォトジェニックな写真の特徴は、「おしゃれ」であることが第一に挙げられます。この「おしゃれ」という感覚は

主に10代から20代の若年層にとっての「おしゃれ」な感覚に合致するものであり、

視覚的な特徴としてカラフルであることや非日常な対象を撮影していることが挙げられます。

また、一般的な視野で捉えた写真よりも意外性のある切り取り方の写真が好まれており、

極度に対象をズームしていることや、あえて中心をずらして撮影したものなども注目を集めます。

投稿のテーマにもよりますが、ストーリー性もファン数を増やすためには意識すると良いでしょう。

一つひとつの投稿に対して意味性を持たせ、それぞれの投稿がつながっているようなニュアンスを

含めることもInstagramならではの広告効果を高めます。

トレンドのフォトジェニック

 

注目を集めているトレンドのフォトジェニックな写真は色調に統一性があるものや、

撮影者が一部分でも写真内に反映されている傾向があります。

たとえば、食べ物を撮影するのであれば対象を持っている手元とともに撮影するショットや、

スポットを紹介するものであれば背景に特徴的な場所を入れこみつつ撮影者の表情も投稿するものが人気です。

また、カラーフィルターを用いて鮮やかな色合いを引き立てるテクニックや、

撮影したい対象と類似のアイテムを添えることで雑誌のアイテム紹介のような雰囲気を出す撮影方法もトレンドとなっています。

対象物を手前に置き、背景に現在いる場所の特徴がつかめる場所を映す方法もInstagramでは主流となっています。

いずれも、撮影者のいる空間や過ごしている時間が伝わるような写真を撮影することがポイントです。

 

フォトジェニックな素材を広告に活用するメリット

 

フォトジェニックな素材を広告に活用することで、写真が撮影する対象の魅力をより際立たせるだけでなく、

ストーリー性などの付加価値を高めることができ、ユーザーへの訴求力を向上させることが期待できます。

またInstagramの運用担当者であれば、当たり前の事ではありますが、

そもそもfacebook広告及びInstagram広告を実施する際に最も肝になるのが、クリエイティブです。

しかも、広告っぽく無い、ユーザーが投稿したような自然なバナーが最も配信されやすいバナーとされています。

さらに深掘って行くと、広告効果を最大化する為には、

facebook、Instagramから常に新しい広告と認識させる必要があり、2週間に1度はバナー変更を行う必要があります。

もちろん関連度スコアの状況により期間は変動しますが、、、

そういった事を鑑みても、現在のトレンドは、"拘ったバナー制作"と言うよりも、

よりナチュラルな写真素材を安く手に入れ、大量の素材でPDCAを回す事だと言えるのでは無いでしょうか。

さらに追い風としてナチュラルな写真素材に、リンクタグを設置できる

"ショッピング機能"と言うInstagramの新機能もリリースされています!

こちらの機能を詳しく知りたい方は、以下の記事もご一読ください!

ついに日本国内で導入開始!Instagramショッピング機能!

フォトジェニックな素材を安く手に入れるには??


ここからは少し弊社の紹介も交えてお伝え致しますと、、

これらの広告素材を手に入れるには、

①ユーザーへ直接連絡

②フリー素材を探す

③素材サイトを有料で利用

④自社で撮影

などなど。。

様々な方法があるかと思いますが

正直、探すのも手間なんて事はありませんか?

または自社商品を交えて撮影して欲しい!なんてニーズもあるのでは無いかなと思います。

こうした写真素材はテクニックを知ったうえでコツをつかまなければなかなか撮影できないものですよね。

そこで! NextStageでは、それらの広告に特化した素材を簡単に作成!収集できるサービスとして

弊社スタジオにて広告バナー素材の撮影サービスと

#タグを使ったUGC素材の収集サービスを始めました。

SNS広告に特化した弊社だからこそできるサービスではないかと自負しています。

広告運用のご相談もかねて是非一度ご相談くださいませ!

今回はここまで!





 

 


Contact

私たちは、FacebookやTwitterをはじめInstagramやSnapchatのSNS広告のコンサルティング、作成、運用を手がけるSNSに特化した広告代理店です。 まだSNS広告を活用していない方はもちろん、既にSNS広告を利用している皆さまも、是非一度状況をお聞かせください。