カスタムオーディエンス機能とは?|フェイスブック広告

Facebook広告で出来るターゲティングの種類

フェイスブック広告(Facebook広告)のターゲティングには、大きく分けて2つの種類があります。 1つ目は、一般的なターゲティングです。フェイスブック広告では、住んでいる地域や年齢層、性別、趣味・関心、行動内容、職業、友人関係など、さまざまな項目でのターゲティングができます。フェイスブックは、膨大なユーザーデータを抱えているため、多様なセグメント設計を可能としているのです。

2つ目は、既存の顧客データを基に構成される「カスタムオーディエンス」と呼ばれる方法です。フェイスブック内部のデータではなく、自社の所有する顧客データを登録することで、ターゲットの像を作り出します。

ウェブサイトのカスタムオーディエンスとは?

カスタムオーディエンスの方法はいくつかありますが、最も典型的なのはウェブサイトからカスタムオーディエンスを作成するという方法です。
ウェブサイトのカスタムオーディエンスでは、自社のウェブサイトを訪れたユーザーに対して、フェイスブック広告でリターゲティングを行うことになります。

具体的には、Facebookでトラッキングコードを生成し、自社のウェブサイトのソースコードに埋め込み計測します。オーディエンス作成の際は、訪問者すべてをターゲットとするのか、特定のページの訪問者だけをターゲットとするのかなど、絞り込みのための設定が可能です。

データファイルカスタムオーディエンスとは?

既存の顧客データをフェイスブックにアップロードし、そのデータとフェイスブックの持つユーザーデータを照合することでターゲティングを行う方法です。

カスタマーリストとして、メールアドレスや電話番号、ユーザーIDなどを選び、フォーマットに合わせて作成を行ったデータファイルをアップロードします。このデータでオーディエンスを作成すると、Facebook上で照合が行われます。そして、当てはまったユーザーが広告のターゲットとして設定されるという仕組みです。

カスタムオーディエンスによって広がるフェイスブック広告の可能性

カスタムオーディエンスによって、フェイスブック広告におけるターゲティング方法の自由度を向上させることができます。なぜなら、ターゲット設定がデフォルトで用意している切り口だけでなく、既存の顧客データを基にしたターゲティングが可能となるからです。

完全な新規集客よりも、既に自社のウェブサイトに訪れたことのあるユーザーにリーチした方が効果的です。そのため、カスタムオーディエンスをうまく活用することは、フェイスブック広告の成否を分けるポイントになると言っても過言ではありません。

NextStageでは、フェイスブック広告(Facebook広告)や運用、クリエイティブの制作の実績が豊富です。特にセグメント設計については、テキストマッピングを活用したセグメントプランの提示、セグメントリストの作成など、広告主様とのコミュニケーションを重視した設計を行っております。フェイスブック広告(Facebook広告)の運用に関しましては、ぜひNextStageにご相談ください。

Contact

私たちは、FacebookやTwitterをはじめInstagramやSnapchatのSNS広告のコンサルティング、作成、運用を手がけるSNSに特化した広告代理店です。 まだSNS広告を活用していない方はもちろん、既にSNS広告を利用している皆さまも、是非一度状況をお聞かせください。